合宿免許は集中して免許が取れるため、最近非常に注目されています。


また地方の自動車学校でもまとまって受講生を迎えることができるため通常よりも良い待遇で受講生を迎えることが多く、経済的にも有利に免許が取得できるとして利用する人が増えています。

又、日頃旅行が出来ない人にとっても免許を取得しながらレジャーや観光を楽しむことができ、非常にメリットの多い物ということができます。


しかし合宿免許は一般の自動車学校とは大きく異なる点が多く、その影響は免許を取得した後でも大きく影響する場合が有るのでよく理解してから参加することが大切です。



一つは、基本的には合宿期間内に全ての教習を終了することが前提で計画されており、万が一終了できなかった場合には自腹で継続しなければならないことです。

自動車学校は基本的に転校が認められないため、合宿期間が終了しても教習が終了しない場合には自費で宿泊して残りの教習を終了する必要があり、大きな出費となってしまう点を注意する必要があります。又、合宿免許は比較的交通量の少ない郊外で行われ、特に路上教習はその点が教習を終了するという点では有利に働きます。

大型免許 合宿

しかし、免許取得後は交通量の多い路上を走行することも多いため、その際の対応が不馴れになってしまうという問題が有ります。

一般の自動車学校で教習を受ける場合には自分の生活圏の道路で教習を行うことが多いため、日常的に走行する道路での走り方が学習できるメリットがあります。

このような点を意識して効率的に利用することが合宿免許を効果的に利用する秘訣です。